サポート内容はそれぞれ違う各法律事務所に確認しよう

認定を受ける

後遺障害をお得に利用する方法

交通事故のけがで多いのがむちうちですが、むちうちの場合は交通事故直後には痛みが出ないこともしばしばあります。しかし、医療機関の診療を受けないと、後から痛みが出た場合に交通事故の因果関係を証明するのが難しくなってしまいますし、示談交渉の際にも不利になってしまうので、必ず当日に医療機関を受診することが大切です。 また、半年以上治療を続けても症状が良くならない場合は後遺障害の認定を受けることができますが、むちうちはレントゲンなどの画像だけでは判断が難しいため、症状発現の経過や変遷など細かく書類にして提出する必要があります。 そのため、弁護士などの専門家に相談しながら提出書類を作成する方が適正な後遺障害等級の認定を受けやすくなります。

弁護士費用の平均的な相場

交通事故の後遺障害申請で弁護士に依頼する場合の費用は、各弁護士事務所によって異なりますが、最近では相談料は無料としているところも多いので、まずは相談して料金体系を確認することが大事になります。 通常は着手金の他に、支払われた賠償金等の数パーセントとしているところが多くなっています。 任意の自動車保険に弁護士特約が付いている場合は、相談料が最大10万円まで、弁護士費用は最大300万円まで保障されているので、自己負担はありません。 特約がない場合でも、相手側から回収の見込みがある場合には、着手金を後払いにしてくれるところもあります。 後遺障害の等級認定の結果に不服がある場合は、不服申し立てをすることもできます。